So-net無料ブログ作成
検索選択

徳島駅の電車 [四国]

徳島駅
D90 + SIGMA30mm F1.4



徳島駅の規模の割に寂しい感じが良いと思います。

フルサイズとAPS-Cとの画質の違いについて調べてみると、「全然違う!」「やっぱカメラはフルサイズだよね!」という人と、「フルサイズに幻想を抱き過ぎていた」「思ったほど高感度の画質は良くなかった」という人がいて、どっちなんだと混乱した。

 実際に写真見ないと分からないなと思って、フルサイズのカメラで撮られた写真をダウンロードしてじっくり見てみると、画質面でAPS-Cとの違いはあんまりないように感じた。高感度に関しては自分が持ってるD90よりは全然いいけど、ネットの意見にあったようにちょっと幻想抱きすぎてたかもっていう感想を持ちました。はい。

 もちろんAPS-Cよりは高画素化しやすいとか高感度に強いとかあるだろうけど、自分はもしかしたらAPS-Cで十分なんじゃないかと思い始めてきた。でもさ・・・使いたいんだよフルサイズ。使いたいんだよおぉぉぉ~~~!!!!と叫んでみたところで使えるわけでなし。冷静に考えてレンズも高いし重いし。

 そうなってくるとまだまだD90が使えるのでカメラを買い換える必要はあまりない。でも何か欲しい。そうだレンズだ。シグマの18-35mm F1.8のレンズが欲しい。欲しい欲しい欲しい。でもこれAPS-C専用だから、またいつかフルサイズのカメラが欲しくなって買ってしまった時に使えなくなるな(実際にはクロップ機能あるだろうから使えはするけど)。でもレンズなら大切に使えばそれなりに高く売れるから、売るときには元は取れるかな。

 ということで最近はレンズ欲しくなってる。本当はフルサイズ用のレンズ買って、来たるべきフルサイズ購入の日に備えるのが一番いいんだろうけどね。だってさ・・・使いたいんだよフルサイズ。使いたいんだよおぉぉぉ~~~!!!!(2度目)

 結局瞑想してる笑

食欲満たす香川のうどん修行 [四国]

所用で徳島の方まで行ってきました。
せっかくなので徳島阿波おどり空港でレンタカーを借りて、香川でうどん修行。
どこのうどん屋に行くかは友達が車でiPhoneで調べながら決めたので、俺はどこにある店なのか、何うどんが美味しいのかさっぱり分からない状態です。いまだに分かりません。後ろの席で大人しくしてました。任せきりにしてごめんなさい。

そらいけ


まず一軒目は「そらいけ」といううどん屋。ここは車じゃないと行けないところらしく、山を少し登ったところにありました。

そらいけ


そらいけのうどん


何うどんが美味しいのか友達に聞いてみたけど、そこまではリサーチしていなかったらしいので、適当にぶっかけうどんを頼んでみた。
ノリにネギ、四国名産のカボスにワサビがのっていた。わさびか生姜か選べたけど、珍しいのでわさびにしてみた。
食べてみるとメチャクチャ美味しい。
月並みの感想だけどやっぱりコシがある。つゆもうまい。あとワサビもかなり合う。
この値段でこの味・・・これが・・・香川・・・!!

源内

源内


次は源内というお店。
平賀源内の生誕の地だったとかいう話を車内でしたようなしてないような・・・
そういえばさっきのそらいけもそうだったんだけど香川のうどん屋にはおでんも売ってる。あとおにぎりも。なんでだろうか。

源内

源内


この店では釜あげうどんを食べてみた。
ちなみにうどんの種類はまったく知識ないので何がどう釜あげなのか知らない。
とにかくお湯に入ったうどんを薬味と一緒にツユにつけて食べるという割とよくあるタイプのうどんらしい。ここではワサビではなく生姜だった。
値段も少し高めで量も多いのでうどん屋を何件か回ろうという人にはオススメできない。
味は正直に言うとまぁまぁ美味しいかな~ぐらいの感じだったかな。かしわうどんを食べた友達はここが一番美味しかったと言っていたのでなんとも言えないけど。

源内


店の外にはなぜか孔雀と鶏が飼われていた。

もり家


もり家


最後にもり家といううどん屋。
さっきの源内ですでに腹は十分に膨れていたけど、うどん修行なので3軒目も強行した。
もり家では釜玉うどんを食べてみた。
釜玉うどんはうどんに生卵が絡めてあり、そこに専用の醤油をかけて食べるスタイル。
はっきり言ってバリウマ!
釜玉うどん大好きになりました。
でも欲を言えばお腹が空いてる時に食べたかった。なんだようどん修行って。なにが修められるんだよ。なにも修まんないよ!!

てなもんでこうして我々のうどん修行は無事幕を閉じた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理