So-net無料ブログ作成
検索選択
五竜岳 ブログトップ

五竜岳登山 [五竜岳]

五竜岳





朝の4時半に車で家を出て、友達を拾って所沢ICから長野ICまで行ってそこからさらに登山口のゴンドラのある駐車場まで行きました。9時半にゴンドラに乗って登山開始。ゴンドラのチケットを買った後に気付いたんだけど、登山口間違えてた(笑)予定してたよりも楽なルートで五竜岳山頂を目指すことになった。



楽な道のりとはいえ辛いといえば辛い。ヒーヒー言いながら登り続ける。あまりにも辛いので途中で歩幅を狭くしてみることにした。そうすると筋肉的な疲労はかなり軽減されて楽になった。体力的な疲労は少し休めばすぐに回復するけど、筋肉的な疲労はすぐには回復しないしね。サイクリングなんかでも筋肉的な疲労を少なくするためにペダルのギアを軽くしたほうがいいという知識を蓄えていたのが役立った。

五竜岳


途中で雨が降ってきたのでカッパを着る。友達はポンチョしかもってこなかったらしい。荷物軽くしたかったのと着るのが面倒くさいかららしい。全くもって山を舐めてるとしかいいようがない。
雨も止むと虹が見えた。

五竜岳


14時。山小屋に到着。約4時間半の道のりだった。山小屋に荷物をおいてこの日に山頂まで行っても良かったんだけど、俺はちょっとだけ頭が痛かったのと、友達は寝不足だったので山小屋でゆっくりすることにした。
山小屋は水飲み放題で、部屋は二段ベッドの大きい版みたいな部屋がいくつかある感じ。客が多い日は相室で1部屋に10人以上泊まるらしいけど、この日は運良く部屋を独占できた。さっそく着替えてゆっくりしてしばらくして気づく。
暇だ・・・
山小屋での暇つぶしの道具を何も持ってきてなかった。今度から雑誌とか持ってこよう。


五竜岳


しばらくすると夕日が出てて綺麗だった。

山小屋までくるとちょっと寒くてアンダーアーマー持ってきて正解だったなーなどと思っていたら友達はまさかの長袖を持ってきていないという。まったくもって山をなめきっているな。しかし、やつは「俺は軟弱なお前とは違い寒さには強いんだ。」というやせ我慢大会を一人で勝手に始めだした。

夕飯はカレーだった。食べ放題だったので少しだけおかわりした。美味しくはなかったけど美味しかった。

五竜岳


夜は星空が出てた。実は予報では天気はあまり良くないってことだったんだけど、よく見えてラッキーだった。
そして消灯時間には寝てしまった。


五竜岳

次の日は4時ぐらいに目覚めたんだっけな。早めの起床だけどよく寝れた。5時ぐらいに日の出だったので見てみた。夕日より日の出のほうが好きだな。
そして朝ごはんをいただく。朝ごはんに関してはかなりまずかったけど、山の上でそんな文句も言ってられず食べる。その後グータラしてから山頂を目指すことにした。出発する時に山小屋に人は殆どいなくてかなり後発だったらしい。

五竜岳


山小屋に荷物を置かせてもらって出発。山小屋から山頂までの道は結構険しいところもありスリルがあった。注意しながら進んで山頂に到着。荷物がないだけで随分楽だった。

五竜岳


五竜岳


山頂から降りてきて山小屋で300円の良心的な値段のカップ麺を食べた。格別に美味しかったな。
そして下山。
帰りは相当ハイペースで3時間で駐車場まで戻って来た。
あとは新潟と草津によって帰ってきた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
五竜岳 ブログトップ