So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

美ヶ原トレッキング [アウトドア]

美ヶ原


美ヶ原高原に行ってきました。
日本百名山だけど、登山というにはあまりにも起伏の少ない平坦な道で、普段登山をしないような方にもオススメの場所です。

8時半頃に東京駅からレンタカーで出発して美ヶ原高原ホテル山本小屋の無料駐車場を目指します。
検索すると美ヶ原高原美術館の駐車場も出てくるけど、なるべく最短で王ヶ頭ホテルまで行きたい人は山本小屋に車を停めるのをオススメします。
東京から3~4時間かかるのはちょっと注意です。

美ヶ原

美ヶ原


まず駐車場について登山道に入って5分位歩くと牧場に入って馬や牛がいます。
いい感じです。
ハイロウズのクリーミーが頭の中で流れます。
「西の峠に馬が沈むよ。牛が昇るよ反対側から~♪」

D90とSIGMA18-250mmで写真撮りまくります。
フルサイズ欲しくなります。
D850買いたくなります。
レンズも24-70mm欲しくなります。

美ヶ原


目的地の王ヶ頭ホテルも見えます。
雲で見え隠れしてゲームの場面みたいでカッコいい。

美ヶ原


王ヶ頭ホテルから周遊して崖側のコースを歩くと、断崖絶壁のギリギリのところまで行くことも出来てなかなかのスリルを味わえます。

美ヶ原


最後に王ヶ頭ホテルを撮って温泉に入って帰りました。
東京戻ったら終電ギリギリで焦りました。
登山は焦らないように時間に余裕を持って行動することもスキルの内というのでまだまだ修行不足のようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

初テント泊~北岳~ [アウトドア]

北岳


今年の夏はテント泊をやってみたいと思い、テント道具一式揃えて北岳に登ってきました。

まずは登山口の広河原に行きたいんだけど、マイカー規制があるため、山梨県南アルプス市の芦安駐車場(無料)に停めます。

ドンキホーテで食料等を買っていたら時間がおしてしまって、芦安駐車場に着いたのは朝の5時くらい。案内されたのは第5駐車場でした。かなり混み合ってる模様。
そして、5時15分と5時半にバスが出るからそれに乗ろうと思ったんですが、準備に手間取って7時位の乗り合いタクシーで広河原に向かうことに。
多分1時間くらい乗ってようやく到着。
若干タクシーで酔って気分が悪かったけど、8時にとりあえず歩きはじめました。

北岳


テント泊一式となるとかなり荷物が重いですね。
疲れないように小股でゆっくり歩きましたが、それでもキツイ。
腰で荷物を背負うって大事だなと思ったり、ようやく荷物を1gでも減らすことの大切が少し分かった気がしました。

そして、途中雨に振られながらも6時間半ほどかけてようやく北岳肩ノ小屋に到着。
広河原から北岳肩ノ小屋の標高差は約1500mと結構登ったなと感動しながら初のテント場利用。
空いてる場所でなるべく平らな場所にテントを張りました。
モンベルのステラリッジなので周りの人のテントの貼り方を参考にペグではなく岩にロープをくくりつけたりしました。
肝心のテント単体の写真は疲れすぎて撮り忘れました笑

テントの中はそこそこ快適で割りと暖かくなることにビックリしました。
雨もしっかり防いでくれて、安眠できました。

北岳


全体を通して安定しない気候でしたがなんとかご来光は見ることが出来ました。

北岳


ご飯はインスタントラーメン、インスタントカレー、シャウエッセン、パンでやり過ごしましたがもうちょっと凝ったご飯を食べることが出来たらなと思います。

北岳


北岳肩の小屋から北岳頂上まで約1時間らしいですが、ガスっていたため頂上までいかずに下山しました。途中の山小屋でココアを頂きつつ無事下山しました。

テント泊またやりたいです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Gomass USB3.0 ハブ 4ポートを買ってみた [レビュー]

リコーのGRⅡを買ったら、充電用のUSBが変な形で、他のUSBと共用できなかったのでパソコンのUSBポートが足りなくなってしまいました。
なんで変な形にするかなーってプリプリですよねGRⅡをお持ちの皆さん。

R0030095a.JPG

なのでAmazonでUSBハブを購入することにしました。
昔買った安物だと、機器とパソコンで通信が出来ない物もあったので慎重に選んでGomassのUSBハブにしました。
雑誌でも紹介されていて通信速度が早いとのことです。

Gomass USB3.0 ハブ 4ポート +1充電ポート USBハブ 5V 3A 電源付き バスパワー/セルフ パワー 個別スイッチ付


R0030098a.JPG


中国製なのか日本語はメチャクチャ。
きっと偉い人に日本語で説明書を書けって言われた人が頑張って適当に作ったんだろうな。

R0030100a.JPG

ポート口にボタンがあって、押すと給電が開始されてLEDが光ります。
この仕組みの意味がわからなかったのですが、USBメモリなんかを挿しっぱなしにして、電源の方を切るという使い方をするようです。
これはちょっと便利かもですね。

R0030101aJPG.JPG

LEDを光らせてみると、隣も光っているようにみえるのはちょっと残念ポイントでした。


GRⅡのレビュー [レビュー]






散歩


東村山市の北山公園でGRⅡを少し試しどりしてみたのでレビューしてみます。

完成された操作性


GR

何枚か撮ってみて思ったのは操作性がすごくいいなってことでした。
まずダイアルが2つもついていることがすごいなと。
ニコンやキャノンのエントリー機の一眼レフカメラなんかだとダイヤルが一つしかなく、その一つで絞り・シャッタースピード・ISOを設定しなければいけないので設定に手間取ります。
中級機になると、ダイヤルが2つになって格段に操作がしやすくなります。

リコーのGRⅡはコンデジなのにデジ一の中級機と同じくダイヤルが2つもついていて、前面のダイヤルで絞りの調節、背面の絞りでシャッタスピードとISOの調節ができます。

背面のダイヤルはそのまま回すとシャッタスピードの調整になりますが、ダイヤルをプッシュするだけでISOの設定画面に切り替わります。
このときに、そのままダイヤルを回せばISO調節できればよかったんですが、ダイヤルを回すとAFや画像サイズの設定項目に切り替わってしまいます。
ISOの調整はダイヤルをプッシュした後、上下ボタンを押す必要があるので指を移動させなければいけないのが惜しいなと思いました。

でもとてもシンプルなカメラなので、操作は少し練習すればすぐに慣れそうだなと思いました。

軽い!小さい!高画質!


アナベル

ハッキリ言って、撮ってるときの気分はデジタル一眼レフの方が断然好きです。
大きいカメラのカシャカシャというカッコいい鳴き声を聞いていると気持ちが乗ります。
でも、いつでも本気で撮りに行きたいわけじゃないし、ちょっと散歩のお供に写真を撮りたいなって時は軽くて小さくて高画質なGRⅡは最適だと思います。
そういう意味で、デジタル一眼レフを持ってる人のサブカメラとして購入する人が多いんだと思いました。

手に馴染むグリップで外観機構としてもかなり完成された形だと思います。
初代GRから形をほとんど変えていないというのも頷けます。
GRⅢも形はそのままでというのを買うかは別として所望しています。

起動が早い

僕はRX100も持っているのですが、こっちは起動時間が2.1秒となり体感的にメチャメチャ待たされている感覚があります。
GRⅡは電源ボタンを押してから起動までの時間がⅠ秒と高速とまではいいませんが、フラストレーションを感じる時間ではなく非常に満足しています。

AFはボチボチ

AFの早さはボチボチと言った感じ。
たまに迷うけど、まあ頑張ってくれてると思う。
暗所ではまだ撮ってないから精度がどんなもんか分からないけど、部屋の中ぐらいの明るさなら大丈夫そうかなというイメージ。
AFについてはネットでも評価は低めの部分なので油断せずに使っていこうと思ってる。


どんな人にオススメのカメラか

上でも書いちゃったんですけど、すでに一眼レフカメラを持ってる人で、サブカメラにコンパクトで画質のいいカメラが欲しい人におすすめです。

一眼レフカメラを持ってない人にとってもいいカメラだとは思いますが、僕はまずはGRⅡよりも一眼レフの撮ったときのあの感覚を味わってほしいなと思います。

以上。ブツブツ言うております。

今更ですがGRⅡを買ってしまいました [レビュー]





RiCOH GRⅡが欲しかった理由

GRⅡとRX100

SONYのRX100を持っていながらもGRⅡを買ってしまいました。
なんでってそりゃAPS-Cサイズの撮像素子を搭載しててこれだけ小さいってもはや奇跡じゃないですか!の一言に尽きる。

小さくて一眼レフレベルの画質のコンデジが欲しいならGRⅡ一択かなと前々から思ってたんですよね。
富士フィルムのX70はディスコンで売ってないし、あっちはGRⅡよりちょっとだけ大きいし。

僕の緩めのジーパンのポケットならしっかりGRⅡ入る!


なぜいまさらRiCOH GRⅡを買ったのか

GR2
GRⅡ発売が2015年の7月。
今日が2017年の7月だから、きっかり発売から2年経過しています。

一眼レフの場合だと大体2年でニューモデルが出るので、GRシリーズももそろそろGRⅢが出るんじゃないかという憶測があったりなかったり。
そして今度はGRからGRⅡのときのようなマイナーチェンジではなく、大型アップデートなのではないかと噂されてたりされてなかったり。
そんな話を聞くとGRⅡ見送ってGRⅢ買いたいってなってしまいます。

でも、僕はGRⅢもマイナーアップデートで出してくるんじゃなかなと踏んでいます。

大型アップデートすると、値段がグンと跳ね上がるんですよね。SONYのα7とα7Rや、RX1とRX1Rなんか見てると最新のテクノロジー搭載すると10万円とか平気で値段違っちゃっているので。
いや、その分の価値はあると思うんですけど、一般庶民には手が出せないです。

あと、筐体も少しだけ大きくなっていますよね。
少しだけとは言え、GRシリーズは大きさにすごく拘っているので大きくするようなことはしないと思ってます。

RICHOのGRの初値が88170円でGRⅡの初値が89303円で、どちらも9万円を切る値段。
GRⅢもそのあたりの価格帯を狙うとしたら、大型アップデートよりは、また少し改良モデルといった感じで出してくるんじゃないかなと。

その予想が外れて、2400万画素の撮像素子に画像処理エンジンをアップデートで10万切るくらいの価格帯でGRⅢを発売してきたらちょっと悔しい笑。

というか冷静に考えてマイナーアップデートだと特にアップデートする箇所が思い当たらない・・・。
ヤバイ・・・。GRⅢ待つべきだったか・・・。

とはいえ、GRⅡの価格はほぼ底値になっていると思うので買うなら今かなという気がしています。

僕は池袋のヤマダ電機でなんやかんやポイントとか考慮して59500円にしてくれたので、勢いで買ってしまいました。
価格コムの最安値より安くしてくれるとは恐るべきヤマダ電機。

GRⅡのアクセサリも購入




カメラケースはRX100で使ってたハクバのカメラケースに収容できたのでこちらを使っていきます。



カメラストラップは首からななめ掛けできるオリイロのストラップを購入しました。



液晶フィルムにこれを買ったんですけど、なぜか0.1mmくらい隙間が・・・。
他のを買ったほうが良いと思います。
僕はこれで我慢しますorz

撮ってみた感じ

今更GRⅡのレビューなんてネット上に腐るほどあると思うんですけど、F2.8で撮ると画質は少し甘いですね。絞るといい感じになるかなと。
まだ全然撮ってないのでこれからたくさん撮っていきたいと思います!

RX100は売ってもいいかなと思っていましたが、GRⅡを少しイジってみた感じ、使い分けが可能そうなので売らずに持っておくことにしようと思います。
前の5件 | -